ようこそ! 「DIYウェブ工房~リフォームや修理・補修」へ

トイレ床修理と温水洗浄便座化工事

ここではトイレ床修理と温水洗浄便座化工事について紹介します。
自宅は築30年経過しており、至るところに問題が発生しており、その一つにトイレの床があります。
これは床下が地面のため湿気が床材を傷め、床材が“フカフカ”となってしまい歩く際に床のヘコミを感じるようになったためです。
トイレの床は面積も広くなく、床の形状も複雑でないことから自分で工事することとしました。

トイレ床修理と温水洗浄便座にする理由

トイレ床修理と温水洗浄便座にする理由 トイレの床修理と温水洗浄便座に交換した理由としては、まずトイレの床に問題が発生したところから始まります。 自宅は築30年経過しており、至るところに問題が発生しています。 とりあえず急を要する箇所を修繕することとし、今までに汚水浸透枡つまりによる汚水浸透トレンチ...

温水洗浄便座の購入

温水洗浄便座の購入 購入した温水洗浄便座はパナソニック ビューティ・トワレ DL-EDX10です。 自宅のトイレは30年前新築した際に設置した状態のままであり、普通の洋式トイレです。 よって温水洗浄便座は初めてなので、どんなものがよいかさっぱりわかりません。 Panasonic 温水洗浄便座ビュー...

トイレ床修理と温水洗浄便座工事にあたり購入したもの

トイレ床修理と温水洗浄便座工事にあたり購入したもの ・温水洗浄便座 温水洗浄便座はパナソニック ビューティ・トワレ DL-EDX10を購入しました。 価格が安いのと売れ筋の商品であったことが決め手でした。 Panasonic 温水洗浄便座ビューティ・トワレ パステルアイボリー DL-EDX10-C...

トイレ床修理と温水洗浄便座工事にあたり準備したもの

トイレ床修理と温水洗浄便座工事にあたり準備したもの ・電動ドライバー トイレ床板の打ちつけの際に役立ちます。 トイレ中央に便器があることから作業性が悪く、電動ドライバーがあればステンボルトを締め難い場所であっても楽々と締めることが可能となるでしょう。 Panasonic 温水洗浄便座ビューティ・ト...

トイレ床工事と温水洗浄便座設置工事プロセス

トイレ床工事と温水洗浄便座設置工事プロセス ここでトイレ床工事と温水洗浄便座設置工事のプロセスを紹介します。 この二つの工事を以下のようなプロセスで行いました。 TOTO ウォシュレット Kシリーズ【オートパワー脱臭&温風乾燥機能付きの貯湯式】パステルアイボリー TCF326#SC1 1.トイレの...

トイレの掃除

トイレの掃除 トイレ床工事と温水洗浄便座設置工事を始める前にやっておきたいことがあります。 それはトイレ掃除です。 TOTO 【ラクラクお手入れ&省エネ】瞬間式ウォシュレット KVシリーズ ペールホワイト TCF446#N11 通常の工事であれば工事が終了したときに掃除を行うのですが、トイレの工事...

ボルトの腐食をコーキングで埋める

ボルトの腐食をコーキングで埋める トイレの掃除を行った際にあることに気付きました。 それは便器の底面にある便器を固定しているボルトが腐食していたことです。 トイレの床が“フカフカ”するのは床下が地面であり、そこからの湿気が30年の時を経て床板を腐らせたものです。 便器を固定するボルトが腐食したのは...

トイレ床板の採寸

トイレ床板の採寸 トイレの掃除や補修が終わりましたら、トイレの床板を切断するために採寸を行います。 トイレの床は基本的には長方形であり、入り口部分に多少の加工が必要となる程度ですが、問題となるのは便器の部分です。 Panasonic 温水洗浄便座ビューティ・トワレ パステルアイボリー DL-E...

トイレ床板の切断

トイレ床板の切断 トイレの便器周辺の型紙と壁からの距離に基づいて、購入した床板に切断する箇所を書き込み切断していきます。 トイレの床のサイズは1200mm×900mmなので、便器の左右に900mm×450mmの床板を2枚、300mm×900mmの板を1枚作り、便器左右の900mm×450mmの床板...

段差解消用スロープの切断

段差解消用スロープの切断 以下の写真を見るとわかるように、切断・加工した床板を敷きつめると入り口部分に既存の床板・クッションフロアが見えます。 この部分は床板にすることなく段差解消用のスロープを設置します。 既存の床板をはがして新しく床板を張るのであればこのような段差はできませんが、既存の床板の上...

トイレ床板の固定と段差解消用スロープの固定

トイレ床板の固定と段差解消用スロープの固定 トイレ床板と段差解消用スロープの切断・加工が終わりましたら、それぞれを固定していきます。 まずはトイレ床板です。 切断したトイレの床板は電動ドライバーを使用してステンボルトで締めこんでいきます。 トイレの床は真ん中に便器があり作業性が悪いことから、電動ド...

配管工事の前に

配管工事の前に 温水洗浄便座の設置にあたっては、まず配管工事を行う必要があります。 さらに配管工事の前に給水管の長さの確認も行います。 温水洗浄便座には長さ300mmの給水管フレキシブルパイプが同梱されていますが、既存の給水管の長さが約150mmから330mmの場合には300mmの給水管フレキシブ...

配管工事の準備

配管工事の準備 配管工事を行う前の準備を紹介します。 まず準備するものとしては、バケツと雑巾を用意します。 これは配管工事を行う際に、既存のパイプから水がこぼれ出ることがあり床を濡らしてしまうため、給水管下あたりにバケツを置いて作業を行います。 次に、購入したパナソニック ビューティ・トワレ DL...

分岐金具の取り付け

分岐金具の取り付け まずは分岐金具を取り付けます。 最初に止水栓が閉まっていることをもう一度確認して既存の給水管を外します。 給水管を外すに当たっては、給水管の中に残っている水が漏れますので、下にバケツを設置しておきましょう。 給水管はタンク側のナットと水道管側のナットを回すことで簡単に外れますが...

給水管フレキシブルパイプの取り付け

給水管フレキシブルパイプの取り付け 既存の給水管を外し分岐金具を取り付けたら、フレキシブルパイプを接続します。 フレキシブルパイプは自在に曲げることができるものですが、曲げ過ぎたり、何度も曲げ直したりするとクラックが入り水が漏れてしまう可能性もありますので慎重に取り扱うようにしましょう。 もしもク...

給水ホースの取り付け

給水ホースの取り付け フレキシブルパイプの接続が終わりましたら、給水ホースを温水洗浄便座本体に接続します。 Panasonic 温水洗浄便座ビューティ・トワレ パステルアイボリー DL-WD20-CP まずは給水ホースの両端に黒のOリングが付いているか、Oリング部にゴミが付着していないことを確認し...

温水洗浄便座の取り付け

温水洗浄便座の取り付け 給水ホースの設置が終わりましたら、いよいよ温水洗浄便座を取り付けます。 その前に既設の便座を取り外さなければなりません。 Panasonic 温水洗浄便座ビューティ・トワレ ブライトシルバー DL-WD50-S 便座は便器後ろ裏側から2本のボルト・ナットで固定されているだけ...

給水ホースを分岐金具に取り付け

給水ホースを分岐金具に取り付け 次は残っていた給水ホースの一方を分岐金具に取り付けます。 取付け方法は本体の接続部に取り付けた方法と同じで、ゴミの付着がないことを確認したら給水ホースを分岐金具にまっすぐ差し込みます。 給水ホースを分岐金具に差し込んだら、クイックファスナーを給水ホースと本体接続部に...

温水洗浄便座試運転

温水洗浄便座試運転 各接続部がしっかり接続されていることを確認したら、温水洗浄便座の試運転を行います。 試運転の前に止水栓を開けます。 私の場合は屋外にある水道メーター横にある元栓も閉めたので、そこも開ける必要があります。 止水栓はゆっくりと開け、さらに十分に開けましょう。 十分開けていないと洗浄...

トイレ床板の工事の再開

トイレ床板の工事の再開 温水洗浄便座の試運転が終了したら、トイレ床板の工事を再開します。 まずは切断したトイレ床板と便器の間にできた隙間をコーキング剤で埋めます。 写真のように床板と便器の間にコーキング剤を流し込むのですが、最終的にはクッションフロアを敷いた後に便器との間にコーキング剤で埋めるため...

水道管の振動で悩ませられる

水道管の振動で悩ませられる トイレの床工事と温水洗浄便座の設置とは関係ありませんが、水道関連つながりで一つ紹介しておきたいことがあります。 それは水道管の振動で長い間悩ませられ、いくつかの対策を講じたが効果は少なく諦めかけていたところ、一本の電話によって解決した話です。 水道管の振動とは、音を表現...