ようこそ! 「DIYウェブ工房~リフォームや修理・補修」へ

雨水浸透枡設置について

スポンサードリンク


 ■  DIYのプロ黒瀧道信の基礎から楽しむ日曜大工DVD 道具の使い方18のレッスン
   ⇒⇒日曜大工に必要な基本テクニックを167分で完全マスターできる方法をご存知ですか?


雨水浸透枡設置について
私は知らなかったことですが、住宅建設に当たり最近では自宅の敷地内に降り注いだ雨水は自宅の敷地内で処理をすることが必要であり、その設備がないと建築許可がおりないということがあるそうです。
これは浸透トレンチを設置した際に、数多くのアドバイスをくれた工務店を経営している友人に聞いたものです。

その話を聞いた後に、雨が降った際に自宅の庭を見てみると、雨どいから流れ出た雨水は、全てが庭で浸み込むことなく、一部は敷地前の私道へと流れていました。
これを見て、たいした工事でもなく費用もかからないことから雨水浸透枡の設置を決めました。

ちなみに、私の雨水浸透枡はプラスチック樹脂製のマンホールタイプや塩ビ製のものではなく、四角いコンクリート製の簡単な雨水浸透枡です。

DIY

建築許可に際して必要となる雨水浸透システムは、浸透トレンチやマンホールタイプの雨水浸透枡等を利用しているでしょう。
このタイプの雨水浸透システムは工事も簡単でなく、費用も高額となるでしょう。
ちなみに汚水の浸透トレンチを自分で設置しましたが相当の労力と時間、費用を要しました。
大雨が降ると雨水が庭で浸み込むことなく、多少は道路に流れてしまいますが、基本的には敷地内で浸み込みます。
自宅新築に際して許可が必要なわけでもなく、本格的な浸透システムではなくてもある程度は雨水が浸み込むことから、コンクリート製の浸透枡でも十分と考えました。