ようこそ! 「DIYウェブ工房~リフォームや修理・補修」へ

トイレ床修理と温水洗浄便座にする理由

スポンサードリンク


 ■  DIYのプロ黒瀧道信の基礎から楽しむ日曜大工DVD 道具の使い方18のレッスン
   ⇒⇒日曜大工に必要な基本テクニックを167分で完全マスターできる方法をご存知ですか?


トイレ床修理と温水洗浄便座にする理由
トイレの床修理と温水洗浄便座に交換した理由としては、まずトイレの床に問題が発生したところから始まります。

自宅は築30年経過しており、至るところに問題が発生しています。
とりあえず急を要する箇所を修繕することとし、今までに汚水浸透枡つまりによる汚水浸透トレンチの設置、トタン製雨どい腐食のための雨どいの交換、風呂場排水溝金属部分腐食のための排水溝修繕、物置床腐食のため修繕等を行ってきました。
このほかに、台所床の修繕及び廊下床の交換を行っています。

これは床下が地面のため湿気が床材を傷め、床材が“フカフカ”となってしまい歩く際に床のヘコミを感じるようになったためです。
台所については応急処置としてへこむ箇所のみを補強して、後々床の全面修繕を予定しています。
廊下については廊下の形状や玄関入り口等素人ができる工事ではないことから、工務店を経営する友人に依頼して修繕しました。
DIY

この床が“フカフカ”となる症状が台所や廊下だけでなく、トイレの床にも現れたのです。
トイレについては床面積も広くなく、床の形状も複雑でないことから自分で工事することとしました。


TOTO ウォシュレットKV2 TCF426SC1 パステルアイボリー

せっかくトイレ床を修理するならば、前々から検討していたトイレの温水洗浄便座化も併せて行うこととしたのです。
本当ならばトイレ壁の壁紙も全て交換する予定でしたが、予算や時間の都合上後で行うこととしました。
このようにして、トイレ床の修理とトイレを温水洗浄便座にする工事を行うこととなったのです。