ようこそ! 「DIYウェブ工房~リフォームや修理・補修」へ

ガスレンジを掃除する

スポンサードリンク


 ■  DIYのプロ黒瀧道信の基礎から楽しむ日曜大工DVD 道具の使い方18のレッスン
   ⇒⇒日曜大工に必要な基本テクニックを167分で完全マスターできる方法をご存知ですか?


ガスレンジを掃除する
ガスレンジにもシステムキッチンのように台所と一体となっているものや、ガスレンジが別個となっているものがあります。
ガスレンジが別個となっているものは、汚れがガスレンジの中、ガスレンジの下を掃除する必要がありますが、それ以外の掃除する場所は同じと考えてよいでしょう。


業務用超強力油用洗剤 技・職人魂 油職人 スプレーボトル 500ml
まずはガスレンジから取り外せるものを全て取り外しましょう。
五徳や受け皿、グリルについては、まず浸け置きしてから掃除すると楽に汚れを落とすことができますので、始めに浸けておきましょう。

ウチの場合は、後にお風呂掃除も行うので、湯船につけてしまいます。
湯船が汚れるので後から洗わなければならないこと、油汚れをそのまま流せないので十分中和してから流すことができる方にお勧めします。
お湯に洗剤を溶かして1時間程度放置しておきましょう。

その間に、ガスレンジのバーナー部分を洗います。
バーナー部分は、油汚れを十分に落としてから、ワイヤーブラシですす等の汚れを落としていきます。
また目詰まりしているところは、竹串などでガスの穴を通しておきましょう。

次にガスレンジ周りの壁を掃除します。
ウチはステンレスなので、十分に洗剤を散布すれば簡単に汚れが落ちますので、上の方から掃除していきます。

タイルの場合には、目地の部分の汚れを落とすことが難しいので、専用の洗剤を使うと簡単に落ちます。
洗剤をしっかりとしみ込ませるために、洗剤を散布してラップを貼り付けれ湿布のようにすれば油が落ちます。

次はガスレンジ正面やガスコックを掃除します。
そしてレンジ周りを掃除します。
まずは油汚れ用の洗剤を十分に散布して、しばらく時間を置いて汚れを浮かせます。
汚れを拭き取り、洗剤を拭き取り、水拭き、から拭きの流れで掃除しましょう。

落ちにくい汚れの場合には金たわし等と洗剤で落とすようにしますが、傷になることもありますのでガスレンジの取扱説明書で使用してはいけない素材や洗剤等を事前に確認しておきましょう。

最後に浸け置きしておいた五徳や受け皿、グリルを洗います。
浸け置きすると、頑固な汚れも簡単に落ちます。
洗った後に十分に乾かしたら、ガスレンジに戻して終わりです。