ようこそ! 「高血圧を食事、運動、薬で治療」へ

高血圧と合併症

スポンサードリンク

高血圧と合併症
高血圧となってもほとんどの場合は、特別な自覚症状が出ることはありません。
これが高血圧という病気の怖いところなのです。
高血圧
高血圧の症状が出ないからといって放っておくと、血圧の高い状態が続くことで、知らない間に血管や心臓に大きな負担がかかり、心臓病や脳卒中、腎不全などの合併症につながり、時には生命にかかわることもあるのです。
私の場合は、担当医師から「今は若いからいいけれど、年を取った頃には血管がボロボロだよ」と言われてキチンと治療を行おうと思ったのです。
自覚症状はありませんが、毎日計る血圧は相変わらず高く、心臓肥大の状態も続いています。
高血圧は沈黙の暗殺者、サイレントキラーと呼ばれる大変な病気であることを自覚しましょう。

(高血圧に伴う合併症)
・心臓病
心臓に起こる合併症でもっとも問題になるのは、血管の抵抗が強くなるために心臓が血液を送り出しにくくなるポンプ失調(心不全)と、心臓を養っている血管(冠動脈)に動脈硬化か生じて現れる虚血性心疾患です。
胸が苦しくて夜眠れなくなったり(呼吸困難)、胸が締めつけられるなどの症状(狭心症)が起こるようになります。
さらに進むと、浮腫が現れたり心臓の一部が壊死する心筋梗塞が起こります。

・脳卒中
脳の血液の循環に障害が起こるために生じる病気の総称です。
脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血などいくつかの種類があり、一命をとりとめても手足の麻揮や言語障害などの後遺症が残ることがある大変な病気です。

・腎不全
高血圧が長期間続くと腎臓の細かい血管に動脈硬化か起こり、腎臓の構成単位である糸球体が死んでいきます。
糸球体の数が少なくなると老廃物を十分にろ過・排出できなくなり(腎不全)、最終的には尿毒症か現れ、人工腎臓による透析、あるいは腎移植が必要となります。

スポンサードリンク