ようこそ! 「DIYウェブ工房~リフォームや修理・補修」へ

お風呂場のタイルの補修 シーリング剤の使用

スポンサードリンク


 ■  DIYのプロ黒瀧道信の基礎から楽しむ日曜大工DVD 道具の使い方18のレッスン
   ⇒⇒日曜大工に必要な基本テクニックを167分で完全マスターできる方法をご存知ですか?


お風呂場のタイルの補修 シーリング剤の使用
お風呂のタイルに限りませんが、最近活躍しているアイテムがあります。
お風呂場においては、タイルの目地のひび割れによる隙間や床のひび割れ、浴槽と床の隙間などを埋めているのに使用しているのがシーリング工事用のシリコーンです。


回転式コーキングガン ABS
これは建築工事において使用するもので、建物の部材の隙間や接合部などに充填して、建物の水密や気密を保持するものです。
今まではシリコーンといったシーリング剤は、プロが使用するものであり個人がDIYとして使用することはありませんでした。
しかし最近ではホームセンターが普及して、ホームセンターにて取り扱う商品もプロ向けのものが置かれるようになったことから、シーリング剤も簡単に購入できるようになりました。

さらに、シーリング剤を使用するにあたっては専用の”ガン”と呼ばれるものが必要でしたが、これも安価にてホームセンターにて購入できるようになりました。
どのメーカーのシーリング剤も装着して使用できるガンが250円程度で購入したことを覚えています。
シリコーンといったシーリング剤も300円を切る価格で購入しました。

SR-048 8060 クリア カートリッジ 330ml

使用方法は簡単で、シーリング剤専用のガンにシーリング剤をはめ込んで、ガンのグリップ部分を握れば先端からシーリング剤が出てくるというものです。
あとは隙間などにシーリング剤を埋め込んでいけば隙間は塞がります。
しかし、シーリングのプロが行うときれいにできるのでしょうが、最初はなかなかうまくいかず、見た目に多少の問題がありましたが最近は慣れてきて上手にできるようになってきました。

このシリコーンは大変優れもので、どのような材質のものでも問題なくくっつきます。
よって、水が流れるお風呂場の床部分でも全く問題なく隙間を埋めることができました。

色も数多くあり、私は透明なものを使用しています。
メーカーは接着剤で有名なセメダイン社のシリコーンを使用しています。