ようこそ! 「DIYウェブ工房~リフォームや修理・補修」へ

お風呂場床のタイル補修その4

スポンサードリンク


 ■  DIYのプロ黒瀧道信の基礎から楽しむ日曜大工DVD 道具の使い方18のレッスン
   ⇒⇒日曜大工に必要な基本テクニックを167分で完全マスターできる方法をご存知ですか?


お風呂場床のタイル補修その4
必要な量を切り出したら、色むらがなくなるまでよく練り合わせます。
エポキシパテは中心部が白色、周りが緑色となっており、これを十分練り合わせると緑色がなくなり白色となります。
緑色部分がなくなりましたら補修箇所に貼り付けます。
ここで注意しなければならないこととして、エポキシパテは混合が終わったら30分以内に補修を終わらせないと硬化してしまうことです。
よって最初から大量のエポキシパテを練り合わせることなく、少量のパテを練り合わせながら補修していくことをオススメします。


タイル目地補修ペン

補修は楕円形のタイルの下に少量のパテを貼って固定していきます。
タイルの固定が終わりましたら、その周りをパテで埋めていきます。

DIY

私は不器用なので写真にようききれいに補修できませんでしたが、少しずつパテを使用して補修していけばキレイに修復できるでしょう。
そのくらいこのエポキシパテは使用しやすく簡単なのでオススメです。

仕上げとして、湿った布や水でぬらしたヘラなどで表面をならすとキレイに仕上げることができます。
エポキシパテの硬化は23℃6時間で実用強度に達しますが、ヤスリがけや塗装を行う場合には23℃24時間経過したから行うようにしましょう。
冬場など作業を行っている場所の気温が低い場合には実用強度や穴あけなどができるまでの時間が長くなりますので、5℃以上の条件で使用することをオススメします。
余ったエポキシパテは、離型フィルムをしっかり撒いて、プラスティックケースにしまい、しっかりと蓋をすれば再度使用することができますので冷暗所にて保管しておきましょう。


エポキシパテ 水中用 60g