ようこそ! 「DIYウェブ工房~リフォームや修理・補修」へ

地デジアンテナ設置場所の決定とアンテナレベルの調査

スポンサードリンク


 ■  DIYのプロ黒瀧道信の基礎から楽しむ日曜大工DVD 道具の使い方18のレッスン
   ⇒⇒日曜大工に必要な基本テクニックを167分で完全マスターできる方法をご存知ですか?


地デジアンテナ設置場所の決定とアンテナレベルの調査
平面アンテナを手に持ってアンテナレベルの最高値が出る場所を見つけ出しました。
その際にアンテナレベルのテストを行いました。
それは、屋内配線を使用しない場合と使用する場合のアンテナレベルの差です。


DXアンテナ 地上デジタル放送用平面アンテナ デジキャッチフラット900 UAH900

当初の予定では、屋内配線を使用することによるロスをアンテナ内蔵のブースターによって相殺できると考えていました。
しかし結果は、屋内配線を使用することによるロスはアンテナレベルで20となりました。
そして内蔵ブースターによる効果はアンテナレベルで10程度であり、その結果屋内配線使用によってブースターを利用してもロスが10あるという事態となってしまいました。


TOSHIBA 地上デジタル放送用 デジタル平面UHFアンテナ(室内・屋外共用) DUA-400

現在使用している仮のアンテナでのアンテナレベルよりも下がってしまうことは避ける必要があります。
そこでアナログ波で使用していた屋内ブースターを接続したところアンテナレベル10の効果があり現状と同じ状態となりました。
これによりアンテナの設置場所が決定し、屋内配線を使用しても現在と同じ環境にすることができるとわかりました。