ようこそ! 「DIYウェブ工房~リフォームや修理・補修」へ

雨どいを交換した理由

スポンサードリンク


 ■  DIYのプロ黒瀧道信の基礎から楽しむ日曜大工DVD 道具の使い方18のレッスン
   ⇒⇒日曜大工に必要な基本テクニックを167分で完全マスターできる方法をご存知ですか?


雨どいを交換した理由
自宅は新築してから30年経過しており至る箇所に問題が発生し始めています。
雨どいもその一つで、なぜかトタン製の雨どいを使用しており30年間雨風にさらされたことから腐食し穴が開いてしまいました。
DIY

DIY

応急処置として気密防水用のアクリル系接着剤テープを購入し、穴あき箇所に巻いて雨水が漏れないようにしておきました。
DIY

DIY

30年前でも雨どいの材質はプラスティック製が一般的であったと聞きましたが、なぜかトタン製の雨どいを使用したようです。
案の定トタンが各所で腐食して、穴が開き雨水が漏れてしまいました。

また、写真ではわかりにくいかもしれませんが、軒樋を支えるとい受け金具の間隔がかなり広くなっています。
トタン軒樋は強度があるのか知りませんが、最近の家と比べるとほぼ倍の間隔でとい受け金具が設置されているのです。
このことから軒樋を支えることができなくなり下がってしまっている箇所も多数あります。
DIY

DIY

DIY

結論として金属製のトタンでできた雨どいは長持ちしないことから、プラスティック製の雨どいに変更することとしました。
DIY

DIY